船橋の日本語がうまいインド料理店でカレーランチ【ガンディ】

船橋
この記事は約2分で読めます。

場所は京成船橋駅の近くの怪しい商店街にある

何が怪しいかって昔ながらの細い路地に古い建物が並んでおり、風俗店もあったりするからだ

まぁ、雰囲気が怪しいだけであって別に危ないことはないんだが

むしろ、こういう雰囲気が再開発に負けずに残っているのはいいことだと思う

店の外観はこんな感じ

店の外のメニュー

平日の11時45分ぐらいに入店したが、先客は3組

けど、僕が食べ終わる頃には一人しか残っていなかった

店員さんはインド人かネパール人だろう

インド料理ではよくあるが夫婦で経営しているのだろうか

接客はかなり丁寧である

インドやネパールの人を見慣れていないので、怖い感じに見えるが、どこの店も丁寧な人が多い。中には、感じの悪い人もいたが。

今日のメニューは

日替わり890円

最初にサービスのトマトスープが提供される

写真で見ると紅茶のようだが違う

スパイシーなトマトスープ

結構辛い、のどが弱いのでしみてやや痛い

メインはこんな感じ

そうそう、インドカレー店では布のちゃんとしたおしぼりが多い(画像 左上)

日本の店では紙のペラペラおしぼりが多いが、ちゃんとしたおしぼりは嬉しいところだ

サラダは普通のキャベツときゅうり

ドレッシングは市販のしょうゆ系ドレッシングと同じ味

ライスの横の玉ねぎは辛いかと思ったら割と甘めで辛くはない

ライスは気持ち程度にあるが、ライスだけにできるのだろうか

米は普通に日本米、おいしい米だ

ナンは普通

というより、不味いナンがあるのかとふと思う

ライスがあるからか大きさはやや小さめにしている?

カレーは日替わりで

ほうれん草のキーマ

を選択

味は、、、まぁ普通ですね

辛さ指定がないから辛いかと思ったら、それほど辛くなくて良かった

辛いのが好きな人には物足りないのかも

チキンディッカがサラダとカレーの後ろに隠れている

簡単に言えば、カレー味の鶏肉の塊

ジューシーさはないので、とくに旨いといった感じはない

あと、ラッシーがついてくる

辛いものが苦手な人にはこのラッシーが救世主となる

店内はインドカレー店はどこも同じような内装

建物が古いので、ここへ知人を連れてくれば食通と思われるだろう

店内には金魚が泳いでいる水槽があった

昔、自分の家でも金魚を飼っていたなぁと思いつつ、帰るのであった

タイトルとURLをコピーしました